1970年代に彗星のように現れ、現在に至るまで日本の音楽界において輝き続けているバンド、サザンオールスターズ、もはや詳しい説明は不要なほど日本人なら誰もが知っているバンドと言ってよいでしょう。その魅力はさまざまありますが、デビュー当時からほとんど変わることのない世界観というものが大きな要因の一つではないでしょうか。作詞、作曲を手掛ける桑田佳祐さんは、曲作りの常識を覆した存在としても知られています。これまでの楽曲と言うものは作成された歌詞に合わせたメロディーを作る、という順序だったのに対して、まずメロディーを作成し、それに合わせて歌詞をはめ込むという画期的な作法を確立した一人でもあるのです。しかもその歌詞の内容と言うものもかなりの特徴があり、印象的な単語、擬音を多く使ってワンフレーズごとにほぼ独立したフレーズをつなぎ合わせ、じっくりとその内容を吟味してみると正直な所全く意味が分からないといったものがほとんどなのです。これには桑田佳祐さんのポリシーのようなものがあり、言葉はメロディーに乗せることで初めて意味を持つ、といった発言がそのことをよく示していると言えます。日本人は音の美しさをよく知る人種です。その日本人が桑田佳祐さんの送り出す楽曲に惹かれ続ける理由は、メロディーに乗せた一見意味のないように聞こえる歌詞の中に、メロディーと融合したことによって生みだされた歌と言うものが一種の芸術作品として成立してしまった結果であるのです。

桑田佳祐って、すごい才能のあるミュージシャンですよね。
日本の音楽史に残る、伝説の人物と言ってもいいぐらいだと思います。
彼のすごいところを上げるならば、彼が作詞する詞のすごさでしょう。
桑田佳祐が作詞した歌詞の何がすごいかって、そのバリエーションの豊富さです。
誰もが名曲と認めるラブソングを作詞することがあれば、ちょっと卑猥な言葉を使った面白い歌詞まで、歌詞を見ているだけでは同じ人物が作ったとは思えない日ほどです。
私は両方とも好きなのですが、どちらかといえば、名曲と呼ばれているラブソングのような歌詞が好きですね。
彼が作詞をしているラブソングを聴いていると、感動して涙を流してしまうのは、私だけではないでしょう。
日本全国の人が同じ思いをしているはずです。
コンサート会場で彼がラブソングを歌うと、涙を流すファンも多くいますから、あながち間違いではないでしょう。
彼が作詞した面白い歌詞の歌は、ノリノリになってみんなで盛り上がることができます。
コンサート会場では全員のテンションが上がりますし、カラオケで歌えば最高に盛り上がります。
カラオケで盛り上がるといえば、桑田佳祐が作詞した歌のなかには、たくさんの人で歌うことができる歌もありますよね。
肩を寄せ合ってみんなで歌うと、それだけで一体感が生まれます。
こうして仲間を一体にすることができる歌詞を作詞することができるのも、彼の大きな魅力のひとつではないでしょうか。

桑田佳祐さんが作る歌が大好きです。
メロディーも大好きですが、その奥深い歌詞の世界が本当に好きです。
桑田さんの作る歌詞にはいくつかのパターンがあります。
ひとつは、真っ直ぐでストレートなラブソングです。
優しいメロディーに乗せて、とてもストレートな愛を語ります。
だけどどこか切なさがあって、聴き終わった時に、その切なさが心に残ります。
それがまた堪りません。
そうした、ストレートな綺麗な世界を表現したかと思えば、突然エロスを表現したりもします。
直接的な場合もあれば、間接的な場合もありますが、それをとても楽しく歌いあげるのは見事だと思っています。
更に、特徴的な歌詞は世間を風刺しているものです。
世界情勢や、日本国内の事など、言葉遊びを交えながらさらっと風刺をしています。
耳で聞いて気付く事もありますが、それらは耳で聞き、そして歌詞を改めて見て、そしてまた聞いてと繰り返す事で、よりその世界に浸る事ができます。
耳で聞いた時は、メロディーが耳に残るいい曲だと思ったのに、よく聞くと、かなりな皮肉が込められていたり、想像以上に言葉遊びがされていたりと、後で驚かされる事も多いです。
その他に、哀愁が心に染みるものや、聴いているだけで光景が瞼の裏に浮かびそうになるもの、とにかく楽しいと感じる物まで、その世界は本当に広く、そして奥が深いです。
綺麗な言葉を並べた歌詞は一瞬素敵に思えますが、歌詞に奥深さがある事で、繰り返し聴いても飽きないと感じる、これが桑田佳祐さんの歌の世界の魅力であると思っています。

私は昔から桑田佳祐さんのファンです。単独で活動しているときも好きですし、サザンオールスターズとして活動しているときも好きです。長年活動されている方ですが、私もかなりファン歴が長いです。なので、彼の曲はほとんど知っていますし、魅力も分かります。
サザンオールスターズも含めて彼の関わっているCDは曲は大好きです。彼はとても個性的でいろいろな人に愛されているのとても分かります。
私は特に彼の書く歌詞がとても大好きです。桑田佳祐さんは声が個性的だとよくいわれますが、歌詞もとても個性的だと思います。まず何よりも種類が豊富だと思います。例えば、よくある恋愛ソングも書きますし、少しエッチな曲も書きます。これほどエッチな楽曲でも彼なら何故か許されるというところもあるような気がします。また、震災などをきっかけに歌われたりしているところをよく目にすることがありましたが、激励ソングなどもしばしば書かれています。他にも曲の数が多い分、歌詞もとても豊富にあり、個性もでています。こんな歌詞を彼の歌声に乗せればさらに個性的になるのは当然なのかもしれません。
私は彼の歌にとても癒され、そして励まされてきました。あれだけ人気のあるアーティストなので、私以外にも多くの方々が同じことを思っているでしょう。私はこれからも桑田佳祐さんのファンを続けていきたいと思っています。今までのように、ファンを歌詞などを通して元気づけてくれたらうれしいと思います。